本文へスキップ

医食同源「タオのかまど」は、医療費0円生活をめざします。

電話でのお問い合わせはTEL.0977-72-6006

梅づくしの健康H2

初心者編 梅酒 ■梅サワー ■梅味噌 ■梅醤油
上級者編 ■梅干 ■梅エキス

梅はその日の難逃れ

店内イメージ

6月になり店頭にきれいな青梅が並び始めると、
またこの季節がやって来たなぁ〜
今年は何をどのくらい作ろうかと
ワクワクしながら、準備にとりかかります。

「梅はその日の難逃れ」という言葉もあるように、
梅はおいしいだけでなく、
体にいいことは昔から良く知られていますね。
梅のクエン酸は、疲労回復効果だけでなく、
血液をサラサラ
にして、高血圧、糖尿病を予防する
効果もあるといわれています。
お肉や甘いものを食べた時は、
梅干を1つ食べるといいとも聞きます。
お肉や甘いもので酸性に傾いた血液を、
梅がアルカリ性に引き戻してくれる
のだそうです。

梅干梅酒だけでなく、梅味噌梅醤油
日頃の食事にぜひ取り入れたいですね。
また、梅サワー梅酵素を作っておけば
夏の飲み物としても重宝します。
今年は梅エキスにも挑戦してみました。
去年、薬草会の平田先生にいただいた
お手製の梅エキスの効果がすごかったのです。
体がだるい時でも、
寝る前に耳かきに軽く一杯くらいなめるだけで、
翌朝にはすっきりして目が覚めるのには
本当にびっくりしました。
梅エキスはいつも家に常備しておきたい逸品なのです。


★初心者編(簡単にできます)

梅酒

料理イメージ

・青梅・・・1s
・氷砂糖・・・200g〜600g
・ホワイトリカー(35%)・・・1.8リットル
・容器・・・5リットル

@青梅は丁寧に洗い、
 6〜8時間水につけてあくを抜き、
 梅の水気を良く切り、楊枝でヘタを取ります。

A良く洗い熱湯をかけて乾燥させた保存ビンに、
 青梅と氷砂糖を交互に入れ、
 ホワイトリカーを注ぎ入れます。

B冷暗所で保存します。約3ヶ月で出来上がりますが、
 1年置くとさらにコクが増してくるそうです。


梅サワー

食材イメージ

・青梅・・・1s
・氷砂糖・・・600g 
・酢・・・1リットル
・容器・・・3リットル

@青梅は丁寧に洗い、
 6〜8時間水につけてあくを抜き、
 梅の水気を良く切り、楊枝でヘタを取ります。

A容器は良く洗い熱湯をかけて乾燥させた後、
 焼酎を含ませたコットンで内側を拭きます。

B青梅の上に氷砂糖を入れ、酢を注ぎ入れる。

C冷暗所で保存します。約2ヶ月で出来上がります。
 梅はすっと入れっぱなしの方が美味しいようです。


梅味噌

食材イメージ

・青梅・・・1s
・砂糖・・・750g
・味噌・・・1s
・容器・・・3リットル

@青梅は丁寧に洗い、
 6〜8時間水につけてあくを抜き、
 梅の水気を良く切り、楊枝でヘタを取ります。
 そして、焼酎の入ったボールをくぐらせ殺菌します。

A容器は良く洗い熱湯をかけて乾燥させた後、
 焼酎を含ませたコットンで内側を拭きます。

B味噌、梅、砂糖と順番に重ねていきます。

C冷暗所で保存します。
 時々混ぜて、お味噌がとろっとして来たら
 出来上がりです。


梅醤油

食材イメージ

・青梅・・・1s
・醤油・・・600cc〜800cc
・容器・・・2リットル

@青梅は丁寧に洗い、
 6〜8時間水につけてあくを抜き、
 梅の水気を良く切り、楊枝でヘタを取ります。
 そして、焼酎の入ったボールをくぐらせ殺菌します。

A容器は良く洗い熱湯をかけて乾燥させた後、
 焼酎を含ませたコットンで内側を拭きます。

B容器に梅を入れ、醤油を注ぎます。
 醤油から梅が出ていますが、
 2〜3日で梅酢が上がって来るので大丈夫。

C冷暗所に置き1〜2ヶ月で出来上がります。


 ★上級者編(ちょっと手間がかかります)

梅干

食材イメージ

・梅 …2s 無農薬の紀州南高梅を使いました。
・塩 …200g〜400g(梅の10%〜20%)
    塩はミネラルをたっぷり含んだ自然塩
    「海の精」を使いました。
    塩は20%くらいまで増やせます。
    多いとかびにくいメリットがあります。
・焼酎…1カップ  
    容器や梅や手の殺菌にも使います。
・重石…梅の2倍くらい。

―塩漬け―

@梅を丁寧に洗い、水につけて一晩おきます。
 (12時間くらい)

A容器は良く洗い熱湯をかけて乾燥させた後、
 焼酎を吹きかけておきます。

B梅の水気を良くふき取り、楊枝でヘタを取り、
 焼酎の入ったボールをくぐらせ殺菌します。

C容器に梅・塩・梅と入れていきます。
 塩ははじめは少なめに、
 上になるほど多くふります。(梅酢があがりやすい)
 最後に焼酎を加えます。

D重石をのせ容器に紙か布のふたをして
 ひもで結び冷暗所に置きます。(4〜6週間)
 梅酢が上がってきやすいように
 時々容器をゆすって塩と梅を混ぜ、
 梅酢が上がってきたら、
 上の梅にも梅酢がかぶるように、
 1日1回軽く容器をゆすります。

―土用干し―
梅雨明けの晴天がつづく頃、天日干しをします。

ざるに梅を並べ、1日2〜3回くらい
裏返しながら干します。
梅酢も一緒に太陽にあてましょう。
(いい色に仕上がります)
   
土用干しは普通3日3晩と言われていますが、
天気予報がはずれお天気の悪い日があったりした場合は
下の写真を目安に、水分が抜けるまで干します。
  →
             
干しあがった梅は梅酢にもどして冷暗所に保存します。
シソは入れていませんが、
きれいな色の梅干が出来ました。

梅干は三年物が味も薬効的にも最高だそうです。
その場合、翌年にもう一度土用干しをします。     

梅エキス

食材イメージ

・青梅(若くて青く固いもの)
・ジューサー
・ボール(ガラス製かホーロー製)
・鍋(土鍋かホーロー製)
・木じゃくし
・容器(梅1sでエキスは盃1杯くらいです)

@青梅は丁寧に洗い、
 一晩水につけてあくを抜くきます。

A翌日ざるにあげて梅の水気を良く切り、
 金づちか木づちで、梅のなり口かおしりを
 ポンと叩いて種と果肉を分けます。

B果肉だけジューサーにかけて、
 さらしでこして果汁を取ります。
 梅の酸で金属が傷むおそれがありますので、
 ジューサーはすぐに水洗いして
 酸を落としてください。

C果汁をホーロー鍋か土鍋で
 フタをしないで煮詰めます。
 ステンレス鍋は水分が飛びにくく適しません。

Dしゃもじでエキスを持ち上げてみて、
 一本の糸のようにすーっと落ちるようになったら
 出来上がりです。
 消毒した容器に入れておくと
 常温でも何十年も腐りません。

梅エキスの作り方は
平田真知子先生の「薬草・野菜まるごと健康法」より
★種子の中の仁を加えた作り方も載っています。


shop info.店舗情報

医食同源「タオのかまど」


03-3307-1747



腸からお肌をきれいにする
熟成黒にんにく→

美肌・ダイエットにも
野草酵素・萬葉→